石巻 まちの本棚とは

 東日本大震災後で大きな被害を受けた石巻を、新しいまちへとバージョンアップしていこうと、中心市街地をベースに活動する一般社団法人ISHINOMAKI2.0。そして、被災地の本好きに本を届ける活動を行なってきた一箱本送り隊。「石巻 まちの本棚」は、その2者にによる共同プロジェクトです。

 2012年7月に2日間、川開き前のSTAND UP WEEKの一環として、「石巻ブックエイド・一箱古本市」を開催しました。ひとりが段ボール箱ひとつ分の本を持ち寄って販売する「本屋さんごっこ」のイベントです。石巻の店主さんも含め、両日30組が参加し、それぞれのほどよい個性が楽しく、まちなかにたくさんの人を集めました。そのクロージング・シンポジウムで、以前より人通りが少なくなった中心市街地に「本のあるコミュニティ・スペース」を設置するアイデアが生まれ、そこから「石巻 まちの本棚」づくりが始まったのです。

 1年後の2013年7月に、「石巻 まちの本棚」をオープンさせる計画で、アイトピア通りにあった新刊書店「躭書房」が入っていたビルの1階を借用しました。住宅系雑誌8誌による復興応援プロジェクト「hope & home」の協力を得て、畠山サトルさん指導のセルフビルドワークショップ、また挾土秀平さん指導による左官ワークショップを行い、スタッフやまちの人たち、県外の人たちも参加して完成させました。

 2014年夏現在、毎週、土・日・月の3日間に加え水曜夜にも開館。誰でも自由に本を閲覧できるし、借りて家で読むこともできるスペースです。蔵書数は約1000冊。「東北/石巻」「コミュニティ」「食」「読書」「仕事」「家族」などのテーマで分類されています。  料理研究家の枝元なほみさん、サーカス史研究家の大島幹雄さんらの蔵書の一部を展示する「わたしの本棚」コーナーを設け、その方のトークイベントを開催するなど、本に関わる企画もあり、壁面ではパネル展示も行なっています。全国のフリーペーパーの配布コーナーや、古本販売のコーナーもあります。

 石巻 まちの本棚のスタッフがその運営の主体となり、2014年7月26日(土)には第3回の石巻一箱古本市が開催されます。  ここに来れば、本に関する情報が得られ、本好きの人たちの交流もできる。「石巻 まちの本棚」がそういう場所だということが だんだん認知されることで、まちなかに出かけてみようという人が、少しでも増えていくといいなと思い、活動しています。

まちの本棚にできること

本の貸し出し
ひとり3冊
2週間まで貸出中
古書販売
気になる本が
お手頃価格で
企画展
本の企画や
写真展など開催中
フリーペーパー
全国の素敵な
冊子を配布中

【過去の企画】

2013年7月27日

「写真家・絵本作家小寺卓矢さんによるスライド上映とお話し」

2013年7月28日

「料理研究家 枝元なほみさんと本とお話し」

2013年10月5日

朗読劇「あわてんぼ!」(作:泉美木蘭/出演:高橋一路・泉美木蘭)

2013年10月~12月

「海を渡った日本人 大島幹雄さんの本棚」

2013年12月~1月

企画展「だれかに贈りたい本」

2014年2月~3月

写真家・藤井保展 *カフェはまぐり堂と同時開催

2014年6月~7月

「女川だより―あの日からの「家族の肖像」展」

アクセスと営業時間について

開館日時
土曜・日曜・月曜:11:00〜18:00
住所
〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目3-16
電話
0225-25-4953 (ISHINOMAKI2.0)

お問い合わせ

石巻まちの本棚についてのお問い合わせは、こちらのフォームからどうぞ。

お問い合わせ内容
お名前
メールアドレス

page top