イベント情報

劇団「水族館劇場」の魅力を伝えるイベント「水族館劇場ってなんだ?」第3弾!

日時:2019年11月15日(金) 

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

劇団「水族館劇場」の魅力を伝えるイベント「水族館劇場ってなんだ?」第3弾!
前回の「水族館劇場ってなんだ?vol. 2」で上映した、横浜トリエンナーレのドキュメンタリー映像で一部紹介された公演の完全版を上映します!
休憩を挟んでの約2時間半、
ご堪能ください

劇団「水族館劇場」の魅力を伝えるイベント「水族館劇場ってなんだ?」第3弾!
日程 11月15日(金) 
時間 19:00~21:30
場所 石巻まちの本棚
料金 1,000円(おやつ付き)
定員 25名

主催 La Strada × 石巻まちの本棚 
協力 水族館劇場

【申し込み方法】
石巻まちの本棚にてスタッフへお声がけいただくか、メールで受付いたします。
件名「水族館劇場ってなんだ?」とし、氏名・連絡先・参加人数を明記し、
bookishinomaki@gmail.com へ。

【上映作品について】
アウトオブトリエンナーレ《盜賊たちのるなぱあく》2017年8月3日(木)-9月17日(日)
2017年に横浜市で開催されたヨコハマトリエンナーレ(ヨコトリ)の参加作品として、日雇い労働者の街、横浜寿町の一角に「盗賊たちのるなぱあく」が出現。そこは建て替え中の寿労働センター跡地であり、寄せ場である寿町はさすらい姉妹が毎年正月に路上芝居の公演を行ない、ゆかりが深い。
水族館劇場の巨大テント劇場を中心に、アート作品の展示、映画上映、講演会などが行われ、野外床屋や古本屋街もオープン。
今回上映する「もうひとつの この丗のような夢 ​寿町最終未完成版」は、10晩に渡って上演された作品の千秋楽の完全記録映像。

【水族館劇場とは】
水族館劇場は、1987年に結成された劇団。
野外劇にこだわり、数トンにもおよぶ水を使った演出や、大がかりな舞台装置など野外劇ならではのスペクタクルが特徴。
作品のほとんどの作・演出を桃山邑が手がけており、劇団員自ら建てるテントを劇場として活動を続けている。

地元産ひつじの毛ワークショップ 3DAYS

日時:2019年11月9日(土)〜11日(月)

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

羊毛作家、吉田麻子さんの、石巻産羊の毛を使ったワークショップを開催します。

11月9日(土)糸紡ぎ放題
13時〜16時のお好きな時間にお越しください。糸紡ぎが初めての方も久しぶりの方もやさしく教えます。参加費1,000円

11月10日(日)フェルティングニードル放題
13時〜16時のお好きな時間にお越しください。マスコットやクリスマスオーナメントなどを作ることができます。参加費1,000円

11月11日(月)ポットマットを織る
13時〜16時まで。13時にお越しください。定員6名。紡ぎ糸を縮じゅうしてポットの温度が冷めにくい厚いマットを織ります。キット付き参加費3,500円。予約は店頭もしくはメールで。
石巻まちの本棚メールアドレス
bookishinomaki@gmail.com

公開講座「新聞ナナメ読み」

日時:11月2日(土)18:30

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

石巻まちの本棚講座のお知らせです。
来たる11月2日(土)に公開講座【「新聞ナナメ読み」~秋の夜長、本物のジャーナリズムに触れてみる】を開催します。
石巻出身の現役新聞記者が新聞の面白い読み方をご紹介します。
ぜひともご参加ください。

新聞ナナメ読み ~秋の夜長、本物のジャーナリズムに触れてみる
2019年11月2日(土)18:30-20:00(18:00開場)
場所 / 石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央 2-3-16 たん書房ビル1階)
参加費 / 500円
定員 / 20名

フライヤーはこちら
からダウンロードできます。

「永井宏散文集 サンライト」刊行記念「永井宏作品展」&夏葉社フェア<

日時:2019年10月5日(土)〜28日(月)

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

永井宏(1951-2011) を知っていますか。雑誌 「BRUTUS」の編集者でありながら、美術作家で あり、会社勤めを早くして辞めたあとは、海辺の町に小さなギャラリーをはじめて、たくさんの若い人たちに表現とものづくりを勧めた人。「生活」 や「暮らし」という言葉が今ほど手垢がついていなかったころに、いち早く、「自分たちなりの自由で身の丈にあった暮らし」を考え、「自分で作れるものは試みてみる」ことを提唱した人。永井さんがいまのカルチャーに与えた影響は大きいですが、そのたくさんの著作は現在、ほぼすべて絶版です。本書は、永井さんと親交の深かった信陽堂編集室の丹治史彦さんの手による待望のアンソロジー。我々はどこから来て、どこへ行くのか。 少なくとも、この本を読むと、なにかあたらしいことをはじめたくなります。(永井宏散文集『サンライト』夏葉社紹介文より)

出版社「夏葉社」さん創立10周年のブックフェアと、夏葉社の新刊「永井宏散文集 サンライト」の刊行を記念して永井宏さんの作品を展示販売いたします。

永井宏さんは、美術作家であり、編集者であり、詩人でもあります。今や当たり前になっている「暮らし系」の始まりの場所です。永井宏とは?という方は、ぜひ今回の新刊「サンライト」を読んでみてください。

また、夏葉社さんの本も、石巻市内ではなかなか手にすることができませんので、この機会にぜひご覧になってみてください。

夏葉社刊「永井宏散文集 サンライト」刊行記念「永井宏作品展」&夏葉社フェア
日時:2019年10月5日(土)〜28日(月)
場所:石巻まちの本棚
(*休館日にお気をつけください。)

永井宏(ながい・ひろし) 美術作家。1951年東京生まれ。
1970年代なかごろより写真、ヴィデオ、ドローイング、インスタレーションなどによる作品を発表。80年代は『BRUTUS』(マガジンハウス)などの編集に関わりながら作品を発表した。 1992年、神奈川県の海辺の町に転居。92年から96 年、葉山で生活に根ざしたアートを提唱する「サンライト・ギャラリー」を運営。99年には「サンライト・ラボ」を設立し雑誌『12 water stories magazine』を創 刊(9号まで刊行)、2003年には「WINDCHIME BOOKS」を立ち上げ、詩集やエッセイ集を出版した。 自分でも旺盛な創作をする一方で、各地でポエトリー リーディングの会やワークショップを開催、「誰にでも 表現はできる」とたくさんの人を励まし続けた。ワークショップからはいくつものフリーペーパーや雑誌が生まれ、詩人、作家、写真家、フラワーアーティスト、音 楽家、自らの表現として珈琲焙煎、古書店、雑貨店や カフェ、ギャラリーをはじめる人などが永井さんのもと から巣立ち、いまもさまざまな実験を続けている。 2011年4月12日に永眠、59歳だった。2019年、初めてのアンソロジー『サンライト』(夏葉社)が刊行、初期作品『マーキュリー・シティ』(ミルブックス)が復刻され、再評価の動きが高まっている。

グループ展「between room」

日時:2019年9/2(月)-9/29(日)

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)


グループ展「between room」

アーティスト:
木村美紗 Misa Kimura
小林知世 Chisei Kobayashi
渋谷七奈 Nana Shibuya
福田美里 Misato Fukuda

日時:
9/2(月)-9/29(日)
会期中の金・土・日・月のみオープン
金 19:00~21:00 / 土・日・月 11:00~18:00

【関連イベント】
作家4人によるギャラリートーク
9/28(土)13:00~
予約不要/入場無料

次へ

アーカイブ

page top