< イベント情報 | 石巻 まちの本棚

イベント情報

カテゴリー:お知らせ

第 16 回 いしのまき本の教室 「街には本屋さんが必要です!」

日時:2022年12月9日(金) 19:00-21:00

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

横浜東横線の小さな駅・妙蓮寺の駅前、昔ながらの小さな商店街にある「本屋・生活綴方」は
〈本を売る場所〉=新刊を扱う書店です
〈本を作る場所〉=リソグラフ印刷で ZINE(冊子)を発行しています
そして
〈人が集まる場所〉
人々の暮らしのそばで、これからのまちの本屋さんはどんな役割を果たせるのか、[生活綴方]を舞台にさまざまな実験を繰り返す中岡祐介さんに、その発想と実践をうかがいます。
後半のワークショップでは、この日のために用意されたオリジナルのリソグラフ冊子を作ります。
ご自身で用意する写真やテキストでオリジナルのリソグラフ冊子の制作も可能。まちを面白くするアイデアが詰まった「本の教室」です。ぜひご参加ください。

チラシはこちらからダウンロードしてください。

第 16 回 いしのまき本の教室 「街には本屋さんが必要です!」
横浜の[本屋・生活綴方]のあり方から 本のある場所の可能性をひらく

出 演 中岡祐介(編集者・三輪舎)
鈴木雅代(本屋・生活綴方店長)
聞き手 丹治史彦(編集者・信陽堂)
参加費:1,500 円
日時:2022年12月9日(金)19時~21時(開場19時半)定員:15名(事前予約制)
会場:石巻まちの本棚

<お申し込み方法>
下記内容をメールで、bookishinomaki@gmail.comまでお送りください。
1件名「12/9本の教室」
2お名前
3人数
4連絡先(電話・メールアドレス)

【オンライン配信決定!】
今回新型コロナの影響で、会場に人数制限を設けています。そのため多くの人に参加していただきたいと考え、前半トーク部分をオンライン配信することにしました。この機会に遠隔地からでもご参加できますので、ぜひとも気軽にご参加ください。
参加方法:オンラインストアからオンライン配信をご購入ください。
参加費:1,000円
オンラインストア:https://bookishinomaki.stores.jp/items/63871069cc22377128a2f7da

【出演者】
中岡祐介
1982 年、茨城県生まれ。「おそくて、よい本」を旗印にする出版社「三輪舎」を営みつつ、「本屋・生活綴方」 (横浜・妙蓮寺)を監修する。町のひとと本をつくるレーベル「生活綴方出版部」を主宰。編集した書籍に『本 を贈る』(若松英輔ほか)、『タゴール・ソングス』(佐々木美佳)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(安達 茉莉子)など。本づくりとは、誰かの歩みを緩めること。 本を売るとは、手をつなぐこと愛すること。

鈴木雅代
本屋・生活綴方店長。大型書店で勤務した経験を生かして本屋・生活綴方店長やむかいにある石堂書店の選書を担当している。

丹治史彦
1967年宮城県塩竈市生まれ。リブロポート、メディアファクトリーを経て、2003年10月、港区南青山にてアノニマ・スタジオを設立(2007年台東区蔵前に移転)。「ごはんとくらし」を軸にした出版とフードイベント、ワークショップなどを展開。2010年7月、井上美佳とともに信陽堂として活動を開始。

夜の石巻一箱古本市/石巻オープンナイトギャラリー

日時:2022年11月25日(金) 18:00-21:00

場所:石巻まちの本棚(石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)、パナックけいてい(石巻市中央2-4-3)

【夜の石巻一箱古本市/石巻オープンナイトギャラリー】
11/25金、夜の石巻一箱古本市と石巻オープンナイトギャラリーを同時開催します!
大好評の石巻一箱古本市のスピンオフ企画。昼のヒトハコとは違うゆっくりとした空間で一箱店主たちとまったり本の話しをしませんか。
会場は「石巻まちの本棚」とまちのでんき屋さん「パナックけいてい」石巻から6箱ほどが出店します。
参加費はオープンナイトギャラリーと共通で500円。
またオープンナイトギャラリーでも各会場でギャラリストたちがセレクトした一箱本棚を出店します。
石巻のディープなカルチャーを体験するイベント週間「石巻ディープカルチャーストリート」では、同日はキネマレイトショー映画『彼女は夢で踊る』も開催されます。
本と映画とアートをめぐるカルチャーナイト。ぜひ11/25夜は石巻まちなかに足を運んでください。
ヒトハコ店主紹介はこちら

「11/25(金) 夜の石巻一箱古本市」
毎年秋に開催される石巻一箱古本市が夜に登場。店主たちとじっくり本の話ができる夜時間に本との出会いを楽しんでください。
日時:11月25日(金) 18:00- 21:00
場所:パナックけいてい(石巻市中央2-4-3)
石巻まちの本棚(石巻市中央2-3-16たん書房ビル1階)
参加費:500円 *石巻オープンナイトギャラリーと共通 
主催:石巻まちの本棚,パナックけいてい, ISHINOMAKI2.0

「11/25(金) 石巻オープンナイトギャラリー」
石巻のまちなかにある3つのギャラリーが特別に夜にオープン。昼間には見られない夜のアート鑑賞でまちをクルーズしましょう。それぞれのギャラリストによる一箱古本市も同時開催。オリジナルウェルカムドリンクも提供します。
日時:11月25日(金) 18:00- 21:00
場所:アートドラッグセンター/石巻のキワマリ荘/ THE ROOMERS’ GARDEN
参加費:500円  *夜の石巻一箱古本市と共通 
主催:アートドラッグセンター,石巻のキワマリ荘,THE ROOMERS’ GARDEN,ISHINOMAKI2.0

石巻一箱古本市2022 一箱店主紹介

日時:2022年10月15日(土) 11:00-16:00

場所:石巻中央商店街各所

10/15に開催される石巻一箱古本市2022、今年も個性的な一箱店主が集まってくれました。
各地から集まった石巻一箱古本市の店主紹介です。お気に入りの本屋さんをぜひ見つけてください。
販売期間は11時から16時までです。
連動イベントはコチラをチェック。

第11回 石巻一箱古本市2022
日時:2022年10月15日(土) 11:00-16:00
場所:石巻中央商店街各所



マップのダウンロードはコチラ*当日各会場で配布します。

1 旧観慶丸商店
○「private books PAYANCA」(プライベートブックス パヤンカ)  
・コミック、小説ほか東北・宮城にちなんだ本も用意したいと思います。好評のマニアックな洋楽CDも少しご用意します。
Twitter @PPayanca

○「やませみ文庫」 (ヤマセミブンコ)
・山里にある古書店+ミニ図書館です。品揃えは、哲学、アート、植物関係、俳句、文学を中心に置いてあります。店主は長年、編集とライターをしていた夏谷隆治です。8月にやませみ文庫発行で「本を読む小屋」という冊子も出します。いろいろな方面の方に書いていただいています。
73歳と61歳の老年夫婦です。文庫のお客さんから一箱古本市のことを聞いて参加したいと思いました。よろしくお願いいたします。
https://www.instagram.com/yamasemikoubou/

○いまとこどもの本屋さん(イマトコドモノホンヤサン)
・絵本、こどもの本、手作りしおりや、紙製ブックカバー、手づくり本を販売します。小物もあります。手づくりコーナーもあるよ。遊びにきてね!いまとこども企画室のInstagramみてね!
Instagram @imatokodomo

○まちライブラリー@岩出山(マチライブラリーアットイワデヤマ)
・SNS読書メーターで読友さんと、やり取りした人気本を販売します。
廃線危機にある「JR陸羽東線」に本の巣箱を置く企画の一環として、一箱古本市に参加し
ます!
・まちライブラリー@岩出山 – リブライズ (librize.com)

○「ときどきいっぷく」(トキドキイップク)  
・文庫本や、写真集、レトロな商品を出品します。ここでしか私のお店には出会えませんので、是非おこしくださいませ!キラキラッとほしがかがやきました

○「流しの絵本よみやさん」(ナガシノエホンヨミヤサン)  
・古本の販売ではなく、「流しの絵本よみやさん」のパフォーマンスをさせていただきたくエントリーしました。(2016年石巻古本市に参加しています。)
パフォーマンス内容:投げ銭制で約20冊の絵本や詩集を車輪のついた可動式本棚で運びながら、お客様と会話をし、その方に似合う絵本、言葉を選び読み聞かせをします。お一人20分程度。会場内を動き回ることも固定の場所で行うことも可能です。よろしくお願いいたします。
Instagram @ehonyomi_kaori

2 IRORI石巻
○一坪書店文庫(ヒトツボショテンブンコ)
・絵本や児童書を中心に販売します。当店では懐かしい本に出会えるかもしれません。脳のためには、若い頃の事を思い出すことが良いそうです。子どもはもちろん、最近物忘れが気になる方にも子どもの本は、有効ですよ!
Twitter @hitotsubo_book

○一箱堂(ヒトハコドウ)
・ミステリー、歴史、泣ける、笑える、そして短編小説の文庫本多数。手芸などの実用本もご期待ください。

○「九月社」(クガツシャ)
・歴史、哲学、民俗学、社会学など人文系の書籍、小説や漫画などをお持ちします。
九月社オリジナルの本も制作・販売予定。
日本、ドイツ、ポーランドの各都市を歩いて自ら撮影した写真集『あの日ここで生きていた。 吉祥寺 ベルリン クラクフ』。
・他にも読み物系を鋭意制作準備中。
Twitter @kugatz

○清水屋(シミズヤ)
・人文、小説、マンガなどを売りたい一箱古本市店主です。今回、首都圏以外で初出店になります。
Twitter @shimizudabadab1

3 石巻商工信用組合軒下
○サーカス世界漫遊記(サーカスセカイマンユウキ)
・10月8日完結した「石巻かほく」掲載「サーカス世界漫遊記」の筆者が選んだサーカ
スと旅にまつわる本を販売します。購入していただいた方には、連載にも登場してきた画家岡部文明さんの道化師の絵葉書を贈呈します。
 http://deracine.fool.jp/

○「ゆずりは書房」(ユズリハショボウ)  
・3回目の参加です。前回に続き戦前の本を持っていきます。
 http://books-recycle.com/

○「22:22」(ヴァンドゥ ヴァンドゥ)
・2021年に続き、2回目の参加になります。
私たち[22:22](ヴァンドゥ ヴァンドゥ)は、宮城学院女子大学出身の3人が、卒業後に「誰かの居場所になる本屋」を作りたいという思いから立ち上げたユニットです。
毎月テーマを決めて、毎週金曜日の22:22にInstagramでテーマに沿った本を紹介しています。
絵本とフェミニズム関連書籍をメインに取り揃えております。ぜひお立ち寄りください!
Instagram @2222_books

○久平文庫(キュウヘイブンコ)
・幻想文学のほか、オカルトやサブカルチャーなどから幅広く出品します。手放すのが惜しい本ばかりですが、手に取りやすい価格を心がけます。
Twitter @euqitsatnaf

○「あかしや」(アカシヤ)  
・店主がちょっと気になった本で、なんとなく勧めたい本です。

4 デュオヒルズ石巻マークス前
○「 月と六ペンス」(ツキトロクペンス)  
・素敵な本をお持ちします。
https://moonand6pence.stores.jp/

○高平文庫(タカヒラブンコ)
・時代小説中心、並びにポスター又は文学賞等も中心に!

○YIN YANG BOOKS (インヤンブックス)
・石巻まちの本棚に先々週に初めて訪問したときに、古本市の情報を知り、ビビッと漠然と本屋をしたい!参加したい!と思いメールさせて頂きました。商品となるのはうちにある蔵書がメインです。絵本、文庫、漫画、実用、ジャンルの幅は広いかと思います。こういうイベントに出たことはないのですが、子どもと参加したいと思ってるので、勉強させて頂きたいと思います。明るく楽しく少しうるさい本屋になりそうですが、よろしくお願いします。

5 パナックけいてい
○パナけいブックす。(パナケイブックス)
今年のメニュウ  今だから大江健三郎 現代思想書 写真集少々 映画のDVD 少々

○草笛書店(H&H BOOKS)
・文庫本(小説多し/美品です)を中心に、子どもの本少々。

○「ろぼうの書房」(ロボウノショボウ)
・初めまして。ノンフィクション、文学、SFなど、店主の趣味に偏った本を持っていきます。お気軽にお立ち寄りくださいませ。
Twitter @robou_books

6 観慶丸本店
○観慶丸本の店(カンケイマルホンノミセ)
・石巻の陶器店、観慶丸本店が、人文、建築、文学中心のセレクトで一箱古本市に出店します。本の間に古道具なども並べますのでよかったら覗いてみてください。
kankeimaru.com

○「書局やさぐれ」(ショキョクヤサグレ) 
・昨年はお休みしましたが、今年は参加いたします。中華圏の本や小説に新作のzineに
加え、台湾雑貨もちょっと持っていきます。秋の石巻でお会いしましょう。
Twitter @bs_yasagure

石巻まちの本棚(事務局)
○あがた森魚さんの箱(箱のみ)
・自伝「愛は愛とて何になる」&CD販売 
http://www.agatamorio.com

7 カンケイマルラボ
○ばったりたおれ屋(バッタリタオレヤ) 
・アートブック、旅・食・暮らし系、絵本、リトルプレスなど。手作りあみぐるみのおたまもあるよ。
Twitter: @battaritaoreya

○ちんじゅうや(チンジュウヤ)
この春、くりでんミュージアムにて「栗鉄 移動文庫」なるものを発見!革製箱型カバンに本を詰めて、沿線の国鉄職員や乗客に貸していたそうだ。今年は、我らも革製箱型カバンに、この頃読んだ本、昔読んだ本、エッセイ、詩集、雑誌、絵本、あれこれ入れて‥。旅のお供にいかがでしょう。

8 シアターキネマティカ
○「りょくし堂」(リョクシドウ) 
・絵本を中心に雑多にいろいろ持っていきます。お気軽にのぞいてみてください。
https://ryokusido.com/

○浦書店 (ウラショテン)
・名前は知ってるけど、読んだことはない。せっかくだし、買って読んでみるか、そんなきっかけになるように、ゆるりとしたラインナップです。

○くものす洞(クモノスドウ)
今年で11回目の連続出店です!いつもの通りの「本の本」をはじめとしたこの1年で読了したおすすめ本、生きもの系中心の特選絵本、そして今年は串田孫一を多めに並べます。
Twitter @raizox

※ 山小屋
○めめんと書房(メメントショボウ)
・4回目です。今年も「山小屋」前で出店します。カフェ営業の傍ら雑多な本を販売します(アイスコーヒーをサービスします)。白い紙でサンプル製本した束見本はどれでも1冊100円。また今回はウクライナ料理店「Borsch」も同じ場所で営業します。古本を手にコーヒーを飲みボルシチを食べ、平和を想う一日に。
Instagram @yamagoya986

※ comiかめ
○七兵衛書店(シチベエショテン)
・70年代の雑誌が主流です。
Facebook 古美 亀

※ setsu
○setsu(セツ)
「この街のアートな人」
石巻には特に若い世代を中心にアーティストやアートに詳しい人が多い、そしてどんどん増えてきていると感じています。それぞれがいろんな知識を持っていて、いろんな活動をしているというのは素晴らしいことだし、もっと街の内外に向けてアピールしていくべきことかもしれません。ということで今年の一箱古本市ではSetsuという一室を一箱に見立てて、そんな彼・彼女たちが影響を受けてきたアートブックを展示販売します。

第11回 石巻一箱古本市 イベント詳細

日時:2022年10月15日(土) 11:00-16:00

場所:石巻中央商店街各所

一箱古本市出店スポット(当日各スポットと石巻まちの本棚で、出店者の情報を掲載したマップを配布します)
○旧観慶丸商店○IRORI 石巻○デュオヒルズ石巻マークス前○パナックけいてい○石巻商工信用組合○観慶丸本店 ○カンケイマルラボ○シアターキネマティカ○comiかめ○BAR 山小屋
店主紹介はこちら

ーーーー関連イベント紹介ーーーーー
《一箱古本市各会場》
☆あがた森魚 流しの弾き語り
10/15(土) 11:30-15:30 の随時
あがた森魚さんが、弾き語りをしながら一箱古本市の会場を神出鬼没で巡ります!

あがた森魚 プロフィール
1948 年北海道生まれ、74 歳。1965 年にボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」と出会い、歌手を目指す。 1972 年 4 月 25 日「赤色エレジー」でベルウッドレコードからデビュー。一躍時代の寵児となる。当時のバックバンドは鈴木慶一(現 ムーンライダーズ)らの「蜂蜜パイ(はちみつぱい)」。20 世紀の大衆文化を彷彿とさせるノスタルジックで叙情的な独自の世界 観を表現した音楽・映像作品は、長年多くのファンを魅了している。映画監督、俳優、文筆家としても活躍。

《石巻まちの本棚》 中央 2-3-16 たん書房ビル1階
☆武藤良子個展「百椿図」巡回展 現在開催中~10/17(月)まで 11:00~18:00・土日月開館
☆あがた森魚さんの一箱 10/15(土) 11:00-18:00
9/22 発売・あがた森魚自伝『愛は愛とて何になる』(小学館)+ あがた森魚関連刊行物、CD 等を販売。

《setsu》 中央 2-3-16 たん書房ビル 2 階
☆「この街のアートな人」 10/15(土) 11:00-18:00 石巻には特に若い世代を中心にアーティストやアートに詳しい人が多い、そしてどんどん増えてきていると感じていま す。それぞれがいろんな知識を持っていて、いろんな活動をしているというのは素晴らしいことだし、もっと街の内外 に向けてアピールしていくべきことかもしれません。ということで今年の一箱古本市では setsu という一室を一箱に見 立てて、そんな彼・彼女たちが影響を受けてきたアートブックを展示販売します。

《シアターキネマティカ》 中央 1-3-12(カフェ営業有) ☆毎年恒例「つれづれ団」によるワークショップ 10/15(土) 11:00-16:00

つれづれ団企画「ブックインテリアをつくろうかな」
毎年開催される一箱古本市 in 石巻。今年のつれづれ団は会場を今年の夏にオープンした劇場型複合エンタメ施設シアターキネマティカに移しワークショップを実施します。今回は、木材の端材を使ってブックエンド、本棚、額縁など本の周りにある小さなインテリアを自由につくれます。その他、団員がセレクトした古本やオリジナルグッズも合わせて販売します。ぜひ会場へ足をお運びください。
参加費:無料
※何時からでもご参加いただけます。
※工具等は準備します。怪我のないようにお気をつけください。

《ラ・ストラーダ》 立町 2-5-2 2階
☆『僕は天使ぢゃないよ』映画上映会 + あがた森魚ライブ
10/15(土)開場 18:30 開演 19:00 定員 20 名
入場料 予約 2,500 円 当日 3,000 円(ドリンク販売あり)
☆音楽映画を上映するラ・ストラーダの映画室「おはよう座(ンパノ)」第 26 回 『僕は天使ぢゃないよ』映画上映会
10/16(日) 1開場 13:45 開演 14:00 2開場 18:45 開演 19:00 映画鑑賞料 1,000 円(ドリンク販売あり)
※予約・問い合わせ : ラ・ストラーダ 0225-94-9002 / info@la-strada.jp

《カンケイマルラボ》 中央 2-3-14 (カフェ営業有)
☆亀山英児 陶展
10/14 日(金)~10/23 日(日)10:00~18:00 火休

《comi かめ》中央 2-9-11
10/15(土)のほか 10 月末まで不定期オープン。かめ七呉服店店主の 1970 年代からの貴重な雑誌コレクションを、自由にご覧いただけます。

出店者追加募集!
一箱出店者を若干名追加募集します!一箱の本があれば誰でも参加できる一箱古本市にこの機会に参加しませんか!半分以上本であれば本以外のものも販売できます。手作りZINEやクラフト品も可能です。*食品不可
詳しくはコチラ

石巻一箱古本市2022 助っ人 ミーティング開催 10/1

日時:2022年10月1日(土) 18:00-20:00

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

【石巻一箱古本市2022 助っ人ミーティング開催】 

いよいよ10月15日(土)に開催がせまる石巻一箱古本市。

10月1日に石巻一箱古本市の運営を考える助っ人会議(4回目)を開催します。
石巻一箱古本市の運営や企画に関わりたい方、手伝っていただける方は気軽にお越しいただければ幸いです。
当日だけのお手伝い参加も大歓迎です。下記問い合わせ先にメールいただければ幸いです。
みなさま助っ人が多いほどたくさんの出店やたくさんの出店場所が可能になります。

10/15一箱古本市開催まで最後の助っ人ミーティングです。
石巻一箱古本市の運営やお手伝いにご興味がある方、ぜひご参加いただければ幸いです。

【一箱古本市2022 助っ人ミーティング】
開催日:2022年10月1日(土) 18:00-20:00
今回は4回目ですが、誰でも参加できます。
場所:石巻まちの本棚(石巻市中央2丁目3-16たん書房ビル1階)
問い合わせ:bookishinomaki@gmail.com

石巻一箱古本市2022 店主募集!助っ人大募集!

日時:2022年10月15日(土) 11:00-16:00

場所:石巻中央商店街各所

2012年にスタートし、今年で11回目をむかえる石巻一箱古本市!
本好き店主さんたちが集まり、各自が段ボール箱ひとつ分の古本を販売する本のためのフリーマーケットです。
地元石巻はもとより日本全国から出店者や参加者が駆けつけ、東北有数のブックイベントのひとつとなっています。
今年は石巻で萌芽するカルチャーの拠点をめぐり、楽しみながら本との出会いの場をつくりあげていきます。
特別企画などもHPで順次発表していきます。
そんな一箱古本市の出店者さんを今年も大募集します。ぜひご応募ください。
また石巻一箱古本市2022では出店者でだけなく企画考案から当日運営を手伝ってくれる仲間を募集しています。
一緒に石巻の商店街に大きな本屋さんをつくりませんか?本好きでなくとも大歓迎!!!

<一箱店主募集します!>
誰でも一箱の本を持ち寄ることで「1日だけの本屋」さんになれます。ぜひご応募ください。
当日会場で各自の責任において店番・販売ができ、各自で搬入出のできる方。複数で参加して交代で店番することも可。出品するものは基本的に古本ですが、全体の5 割程度が本であれば雑貨などの出品も可 (飲食物は不可)。古本は一箱 (ダンボール箱、コンテナボックス、みかん箱、トランク、キャリーバッグなど) に入れて販売してください。補充用の本の持参も可能ですが、出店スペース外にはみ出さないようにお願いします。出店スペースは申込み後、9月ごろに運営側で決定しお知らせいたします。ぜひご参加ください。

【出店料】2,000円 (当日お支払い頂きます)
500円(18歳以下)
【申し込み開始日時】2022年7月16日(土)19:00 より受付開始 *定員に達し次第締め切ります。
【申し込み締め切り】2022年10月7日(金)20:00 まで
【定員】35箱 (複数人で一箱を運営することができます。)

一箱店主申し込み方法は以下の2通りです。
【申し込み方法】 1. メール申し込み
bookishinomaki@gmail.com に、下記の項目を記入して送信してください。
・件名 : 石巻一箱古本市店主申し込み
・氏名、フリガナ ( 複数参加の場合は、代表者のみで結構です )
・電話番号
・住所
・メールアドレス (店主マニュアルをお送りしますので添付ファイルが受信できるアドレスにしてください)
・参加人数
・古本市での店名、フリガナ ( 屋号 )
・お店の品揃えや特徴など、PR(200 字以内 )
・店主マニュアルの送付方法 ( メール または 郵送 )
・自分のサイト・ブログ・Twitter など (お持ちの方のみ、掲載できるのは 1 つだけです )

2. 直接申し込み〈石巻 まちの本棚〉にお越しいただき申し込み用紙に記入。

<運営を手伝ってくれる助っ人大募集!>
石巻一箱古本市では運営を手伝ってくれる助っ人を募集しています。事前準備だけ、当日だけの参加 も可能。当日店主さんの代わりにお店番をしたり、スタンプラリーの補助をします。本好きでなくても楽しめる内容となっています。カルチャー溢れる1日をつくることを、一緒に手伝ってくれる方大募集です! 1時間程度のパート(①12:00-13:00 ②13:00-14:00 ③14:00-15:00)でも OK です。
【申込方法】
bookishinomaki@gmail.com へメール、もしくは石巻まちの本棚のスタッフに直接お問い合わせください。

石巻一箱古本市2022
日時: 2022年10月15日(土) 11:00-16:00 *雨天決行
場所:石巻中央商店街各所(石巻まちの本棚、旧観慶丸商店、カンケイマルラボなど)
(各会場で当日地図を配布します)
主催 : 石巻まちの本棚 (石巻市中央2丁目3-16 たん書房ビル1階)、ISHINOMAKI2.0

石巻一箱古本市2022 助っ人 ミーティング開催 8/13

日時:2022年8月13日(土)

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

【石巻一箱古本市2022 助っ人ミーティング開催】 

2022年は10月15日(土)に開催日を決定した石巻一箱古本市。
毎年多くのひとたちに助っ人として運営を手伝っていただいております。

8月13日に石巻一箱古本市の運営を考える助っ人会議を開催します。
石巻一箱古本市の運営や企画に関わりたい方、手伝っていただける方は気軽にお越しいただければ幸いです。
当日だけのお手伝い参加も大歓迎です。下記問い合わせ先にメールいただければ幸いです。

助っ人会議は10月の一箱古本市開催まで毎月1度ほど開催します。
石巻一箱古本市の運営やお手伝いにご興味がある方、ぜひご参加いただければ幸いです。

【一箱古本市2022 助っ人ミーティング】
開催日:2022年8月13日(土) 18:00-20:00
参加無料 
場所:石巻まちの本棚(石巻市中央2丁目3-16たん書房ビル1階)
問い合わせ:bookishinomaki@gmail.com

石巻一箱古本市2022 助っ人ミーティング開催

日時:2022年7月9日(土) 18:00-20:00

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)

【石巻一箱古本市2022 助っ人ミーティング開催】 

2022年は10月15日(土)に開催日を決定した石巻一箱古本市。
毎年多くのひとたちに助っ人として運営を手伝っていただいております。
そこで7月9日に石巻一箱古本市の企画会議を開催します。
石巻一箱古本市の運営やお手伝いにご興味がある方、ぜひご参加いただければ幸いです。

また、このようなミーティングを10月の一箱古本市開催まで毎月1度ほど開催します。
石巻一箱古本市の運営や企画に関わりたい方、手伝っていただける方は気軽にお越しいただければ幸いです。
当日だけのお手伝い参加も大歓迎です。下記問い合わせ先にメールいただければ幸いです。

店主募集は7月中に詳細を発表、募集を開始します。このホームページでお知らせいたします。

【一箱古本市2022 助っ人ミーティング】
開催日:2022年7月9日(土) 18:00-20:00
参加無料 
場所:石巻まちの本棚(石巻市中央2丁目3-16たん書房ビル1階)
問い合わせ:bookishinomaki@gmail.com

【第11回石巻一箱古本市2022】開催日のお知らせ

日時:2022年10月15日(土)

場所:石巻中央商店街各所

今年も開催します、石巻一箱古本市!
今年は10月15日(土)に開催日を決定しました。
我こそはという本好き店主さんたちが集まり、各自が段ボール箱ひとつ分の古本を販売します。まちなかで本と出会う一日をのんびりお楽しみください。
店主募集などの詳細は決まり次第、おってこのホームページでお知らせいたします。

【第11回石巻一箱古本市2022】
日程:2022年10月15日(土)
場所:石巻市中心市街地 
   石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央二丁目3-16たん書房ビル1階)ほか、まちなかエリア数カ所

昨年の開催の様子はこちらから

福田美里 個展「Kaleidoscope」

日時:2022年6月4日(土)~6月26日(日)の間の土,日,月

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16 たん書房ビル1F)


宮城を拠点に制作活動をしている福田美里による個展「Kaleidoscope」を石巻まちの本棚で開催します。

ウィリアム・シェイクスピアの作品「夏の夜の夢」をインスピレーションの源に、
物語ることなくしては生きてはいけない人間と、私自身について考えます。
(展覧会に寄せて・福田美里の言葉)

【福田美里】
宮城県を拠点に制作活動を行う

アクリル絵の具とキャンバスを用いた絵画作品の発表を主に行う。
絵や写真、言葉によって、記憶や思いを留めおくことに関心を寄せている。

関連リンク
作家tumbler
https://fukudamisato.tumblr.com/

Twitter
@lithium1008

次へ

アーカイブ

page top