イベント情報

カテゴリー:お知らせ

【第6回石巻一箱古本市2017】一箱マップ

日時:2017年7月22日(土)

場所:石巻市中央商店街各所

いよいよ7月22日(土)に開催される「石巻一箱古本市2017」 
今年はまちなかの12ヵ所の会場で開催します。
会場マップを発表しました。当日、各会場で配布します。

ダウンロードはコチラから
石巻はもとより全国から個性的な34店の一箱出店と、移動式本屋さんの「ペンギン文庫」などの特別出店、特別企画も盛りだくさん。
スタンプラリーも開催します。
また同日は石巻中心に51日間開催される「リボーン・アート・フェスティバル」の開幕日です。アートとの出会いも盛りだくさん。
地図を片手に本をめぐりながら、まちあるきを楽しんでください!

【第6回石巻一箱古本市2017】
日程:2017年7月22日(土)
時間:11:00~16:00
会場:石巻市中央商店街各所
主催:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16たん書房ビル1階)
協力:アイトピア商店街振興組合、つれづれ団

【第6回石巻一箱古本市2017】一箱店主発表!!

日時:2017年7月22日(土) 11:00- 16:00

場所:石巻中心市街地各所

いよいよ7月22日(土)に開催される「石巻一箱古本市2017」 
今年はまちなかの12ヵ所の会場で開催します!
石巻はもとより全国から個性的な一箱店主が34店が揃いました!
特別出店、特別企画も盛りだくさん。当日各会場ではスタンプラリー付き地図を配布します。
地図を片手に本めぐりのまちあるきを楽しんでください!
11:00スタート16:00終了予定です!

①リーガルシューズ
☆くものす洞(クモノスドウ)
この春に石巻にUターンしてきました。満を辞して(?)地元からの出店です。いつもの通り、おすすめしたい読了本、石巻・宮城県にちょっと関連した本、かがく絵本などを持って行く予定です。

☆まちライブラリー@岩出山(マチライブラリー@イワデヤマ) 
大人が読んで楽しめるような「絵本」を中心に集めています。
関西から宮城に移住してきたので、岩出山の特徴あるもの、
鳴子こけし や 酒蔵 森民酒造「もりいずみ」や麹屋さんが多いので、
醗酵に関する資料を集めています。
http://librize.com/places/1797

②石巻ASATTE
☆マト文庫(マトブンコ)
当店はノンフィクション多めのラインナップで出店しています。一冊の本を開くと、様々な世界が飛び出す……看板娘のマトリョーシカが目印です。
http://pareidolie.hateblo.jp/

☆neuf. (ヌフポワン)

フランスのアンティーク、ヴィンテージ雑貨の販売を扱っているneuf.(ヌフポワン)と申します。
フランスの古い雑誌、写真集、チラシ、などを一箱に詰めてお届けします。
初出店ですがどうぞよろしくお願いいたします。
ヤフオク・・・https://auctions.yahoo.co.jp/seller/neuf_point

☆かまねこ文庫(カマネコブンコ)

昭和の香りを感じるもの、懐かしかったり、可愛かったり、へんてこだったりする本を取り揃えてお待ちしております!
Twitter →@kamanekobunko

☆おねいもと(オネイモト)
表紙を作り替えた文庫本と
本がモチーフの手作りガチャポンです。
oneimoto.blog9.fc2.com

③秋田屋入口
☆よたか堂(ヨタカドウ)

本に自分で絵を描いた表紙をつけて並べます。昨年に引き続き、参加させていただきます。
http://blog.livedoor.jp/kaizuken1/

☆ばったりたおれ屋(バッタリタオレヤ)
写真集、アートブック、暮らし・雑貨関連、絵本など 手作りあみぐるみもあるよ
twitter.com/battaritaoreya

☆わかば図書館(ワカバトショカン)
「本を開けば”ワクワク”が芽吹く」をコンセプトに、好奇心がくすぐられるような、フフッとなるような本を集めて見ました。今回は初めての出店なので、岩手の仲良しメンバーの本も入ってます。どんな本があるか、当日までのお楽しみ。ぜひ、遊びに来て下さいね!

④高橋茶園
☆ヨーダ古書堂
店主が遊びに行くことの多い書店ですが、よろしくお願いします。
楽しみにしています。

☆ションボリ~ブックス
今年もやりますよ!

⑤石巻商工会議所横
☆平原舎
グラフィックデザインに携わって10年程。大量に集めた愛蔵書の本棚の中から、創作の血肉になった(かも)しれないものをお持ち致します。ただし、デザイン書はほぼ持ってないので、悪しからず。買っていただいた方に、この日のために作った何がしかの粗品も準備しようかと。ぜひ。
http://takuyahirano.tumblr.com

☆鉄塔文庫(テットウブンコ)
https://m.facebook.com/tettobunko/

☆但文庫(タダシブンコ)
書籍、漫画、ポスター等々

☆あじさいBOOKS(アジサイブックス)
そもそもそれほど読書家でもなく詳しくもありません。同じように、本は嫌いじゃないけどそれほど好きじゃないという人に「久々に買ってみるか」と思ってもらえるようなライトな本を集めてみたいと思います。

☆200均屋(ニヒャッキンヤ)
小説、マンガ、文庫本やイラスト集など幅広い品揃えです。価格はなんと!すべて200円。
手作りビーズのブックマーカーも販売します。読書のパートナーにどうぞ。

☆本へのとびら(ホンへノトビラ)
初めまして!東京から行きます。
現代の作家(森見登美彦など)の本や手塚治虫の漫画などをメインに敷居の低く間口の広い、品揃えで出店したいと思っています。同世代の20代の方や普段本をあまり読まないお客さんをターゲットに、自分が読んで面白かった本や、東京で見つけたちょっと変わった本を持って行こうと思っています。

⑥IRORI石巻
☆だいもんじ(ダイモンジ)
京都出身、東京在住、どこでも関西弁。出不精が思い切って遠出します。
品揃えは生活史、ノンフィクション、野球関連などがメインになりそうですが、正直どうなるかわかりません。最近読んでおもしろかったものをどんどん投入します。また、夏休みという時節柄「読書感想文を書きやすそうな本」を集めたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
Twitter→@Daimonji_books

☆ちいさな絵本屋(チイサナエホンヤ)
週末だけの旅する本屋です。2017年はクラウドファンディングで活動資金を募り、全国各地のイベントに参加しています。
http://instagram.com/momijipt

☆ЦИРК(ツィルク)
今回はまちづくり関係の本を多く取り揃えています。

⑦パナックけいてい
☆出張筋トレ@石巻(シュッチョウキントレ@イシノマキ)
ライター石井ゆかり自身の著書と、そのほか鉄板でお勧めの古本(?)を本当に格安でご提供いたします。ご希望のみなさまには、拙著にサインもいたします。 
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

☆古本ニョス湖(フルホンニョスコ)
盛岡から初参加です。食や生活に関する本を中心に、幅広いジャンルで出店します。
去年、お客として初めて来て石巻が好きになったので、お客さんとの会話を通じて石巻のよいところをもっと知りたいです。よろしくお願いします。
twitter→ @nyosuko

☆ぱなけいブックす。
毎年少しづつテーマを変えています。
並べた本でそれを探ってください。去年は、料理と鉄道でした。
FaceBook→パナックけいてい

⑧石巻商工信用組合軒下
☆書局やさぐれ(ショキョクヤサグレ) 
今年も参加いたします。いつものラインナップに加え、台南旅行ZINEも作りましたので、旅のグッズとともに持
っていきますね。
twitter →@bs_yasagure

☆宮本屋(ミヤモトヤ)
石巻の絵描きです。古本の品揃えは自己啓発系や、オラクルカード、イラスト本、旅の本など。
それと自分の絵本や、かわいいイラストブックカバーなども。
https://www.facebook.com/yurimiyamoto.couleurpecoe/

☆波まちBOOKs (ナミマチブックス)
初出店です。文庫本中心に揃えます。宜しくお願いします。

☆佐@補缺(タスクアットマークホケツ)
文庫・新書を中心に持参予定

☆オカピの本(仮)(オカピノホン カッコカリ)
2年前に参加させて頂き、楽しかったです。前回は統一性の無い品揃えだったので、『内田康夫のミステリー小説文庫本』と
かなり狭めてみます。全部ワンコイン価格の予定です。今年も宜しくお願い致します。

☆文巻書房(フミノマキショボウ)
鉄の街、北海道は室蘭市で「本の栞がお金となる古本屋」を開くという活動をしておりました。そのときに頂いた2000冊の古本のうち文学全集を今回は用意いたしました。石巻から太平洋で繋がる室蘭。本が好きという絆で繋がっていただければと思います。

⑨橋通りCOMMON
☆一箱堂(ヒトハコドウ)
今年は文庫本だけで行きます。ミステリーを中心にラブストーリーあり、泣ける本あり。
是非お手に取ってご覧ください。プラスαも思案中!

☆りょくし堂(リョクシドウ)
小説を中心にいろいろ取り混ぜ持っていきたいと思います。のんびり、まったりな本だらけの時間を楽しみにしています。お気軽にお立ち寄りください。
http://ryokusido.com/

☆コロちゃんや(コロチャンヤ)
コミック中心です。中高年の皆様が若いころからなじみ親しんできたような本を用意しました。立ち読み歓迎です。

☆RAINBOW BOOKS(レインボーブックス)
絵本やビジュアル多めの本をお持ちします。
ツイッター→@rainbb48

⑩カンケイマルラボ
☆wakuwaku文庫(ワクワクブンコ)
将来の夢は文庫を開くこと。愉しいえほん、心に響くえほん、懐かしいえほん、いろいろな絵本を持ってゆきます。絵本を通して、石巻のまちの方々、石巻に足を運ばれた方々とたのしいひと時を過ごせたら嬉しいです。

☆LABO BOOKS(ラボブックス)
工藤裕太が主催する「工藤建築研究所」の蔵書を一部販売します。研究所では、建築デザイン・都市と郊外の研究・空間に関する文化の研究を行っています。研究の一環として集めた、建築関係、都市計画関係、デザイン・アート関係、音楽関係、映画関係、マンガ、その他の書籍からセレクト。その本に関する「空間の研究報告」が記載された特製の帯が、一冊一冊に付属します。
Twitter →@kudoy

⑪観慶丸本店(松川横丁)
<特別出店>
☆ペンギン文庫
車に本を積んで様々な土地で本屋を開く仙台発の移動式本屋。
アートブックや写真集を中心とした新刊書を販売しています。

⑫石巻まちの本棚
<特別出店>
☆「玉葱展」hakoの服と絵の展示・販売
石巻まちの本棚スタッフ齋藤寛子さん母娘による草木染と刺繍の服、絵の展示・販売会
玉葱だらけの展示会!

☆デラシネ通信社セレクトの古書販売
大島幹雄さんセレクトの古書販売と新刊「石巻学」「我にナジェージダあり~石巻若宮丸漂流物語」の販売

☆古本バザール
石巻まちの本棚の古本バザール再び!
多ジャンルの本を格安にて販売いたします

第6回石巻一箱古本市2017 店主募集!

日時:「石巻一箱古本市2017 」2017年7月22日(土)11:00-16:00

場所:石巻市中心商店街各所

7月22日(土)に開催される一箱古本市では一箱店主を募集しています。
一箱の本を持ち寄り、1日だけの本屋さん体験をしませんか?

【募集開始日時】
6月4日(日) 22:00-
【出店料】
2000円(当日お支払い頂きます)

申し込み方法は以下の2通りです。みなさまのご参加お待ちしています。

【申し込み方法】
1.メール申し込み
bookishinomaki@gmail.com に、下記の項目を記入して送信してください。
・件名:一箱古本市店主申し込み
・氏名、フリガナ(複数参加の場合は、代表者のみで結構です)
・電話番号
・住所
・メールアドレス(店主マニュアルをお送りしますので添付ファイルが受信できるアドレスにしてください)
・古本市での店名、フリガナ(屋号)
・お店の品揃えや特徴など、PR(200字以内)
・店主マニュアルの送付方法(メール または 郵送)
・自分のサイト・ブログ・Twitterなど (お持ちの方のみ、掲載できるのは1つだけです)

2.直接申し込み〈石巻 まちの本棚〉にお越しいただき申し込み用紙に記入。

『第6回石巻一箱古本市2017』 開催決定!

日時:2017年7月22日(土)

場所:石巻市中央商店街各所

毎年盛り上がりを増す「石巻一箱古本市」
今年は伝統の川開き祭りの1週間前、STAND UP WEEK期間中の7月22日に開催します!

石巻のみならず全国各地から個性的な本屋さんが集まる「石巻一箱古本市」は、東北で最も熱い一箱古本市のひとつです。
店主として出店することも、石巻のまちなかを本をめぐり歩きに来ることも楽しい1日。

また
同日は石巻のまちなかや牡鹿半島を中心に51日間開催される総合祭『Reborn-Art Festival2017』の初日でもあります。
本とアートをめぐりながらまちなかを探検し、翌日牡鹿半島などをめぐり歩くなんてこともできます。
夏のはじまりに皆様にお会いできることを楽しみにしています。

【第6回石巻一箱古本市2017】
日程:2017年7月22日(土)
時間:11:00~16:00
会場:石巻市中央商店街各所
主催:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16たん書房ビル1階)

<一箱店主募集します!>
誰でも一箱の本を持ち寄ることで「1日だけの本屋」さんになれます。ぜひご応募ください。
募集受付開始日:2017年6月4日22:00-

【出店料】
2000円(当日お支払い頂きます)

一箱店主申し込み方法は以下の2通りです。

【申し込み方法】
1.メール申し込み
bookishinomaki@gmail.com に、下記の項目を記入して送信してください。
・件名:一箱古本市店主申し込み
・氏名、フリガナ(複数参加の場合は、代表者のみで結構です)
・電話番号
・住所
・メールアドレス(店主マニュアルをお送りしますので添付ファイルが受信できるアドレスにしてください)
・古本市での店名、フリガナ(屋号)
・お店の品揃えや特徴など、PR(200字以内)
・店主マニュアルの送付方法(メール または 郵送)
・自分のサイト・ブログ・Twitterなど (お持ちの方のみ、掲載できるのは1つだけです)

2.直接申し込み〈石巻 まちの本棚〉にお越しいただき申し込み用紙に記入。

東北芸術工科大学+石巻工房 「DIY picnic ーバードハウスをつくろう」

日時:2016年12月10日(土)、11日(日) 11:00→18:00

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2丁目3-16)

15134330_1189778984432320_751332226_n
15086194_1189778264432392_1130451027_n「撮影:志鎌康平(ROKU)」

石巻工房と東北芸術工科大学は、2015年よりFondation Enfants du Japon(スイス)の助成を受け、東北の未来をつくる子供たちのためのDIYデザイン教材を共同開発しています。
本企画では、本学と石巻工房が「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で発表した屋外用DIYユニットを、アイトピア通りに移設し、2日限定で、バードハウスをつくる木工体験教室をひらきます。
クリスマスシーズン、子供たちに「ものづくりの楽しさ」のプレゼントはいかがでしょうか。親子での参加も大歓迎です。ご来場お待ちしてます。

実施日:2016年12月10日[土]、11日[日]
実施時間:11:00→18:00(随時受付)
参加費:1,000円(保険料も含みます。その場で組み立てず、キットのみのご購入も可能です)

所要時間:年齢によりますが、30分~1時間程度でつくれます。学生スタッフがサポートします。年齢制限は設けておりませんので、大人の方もぜひご参加ください。混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
助成:財団「日本の子供たち」(Fondation Enfants du Japon)、国際ソロプチミスト山形/企画協力:ISHINOMAKI2.0、福興会議/お問い合わせ:東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
TEL:023-627-2218 MAIL:y-gakusha@aga.tuad.ac.jp

東北復興支援機構 TRSO
(Tohoku Revival Services Organization)

東北芸術工科大学(山形市)が2011年5月に設立した復興プロジェクトセンター。アーティストやデザイナーによる復興プロジェクトをマネジメントするとともに、学生や市民によるボランティア活動や、企業やNGOと連携したアートやデザインによる教育支援をおこない、東日本大震災後の〈新しい社会、新しい東北〉を創造するプロジェクトを推進しています。石巻工房との共同企画として、「ビバーク・フォー・トーホク~復興の野営」(六本木アートナイト2012)、「bento」(FOR座REST2015)、「DIY picnic」(山形ビエンナーレ2016)がある。
http://blog.tuad.ac.jp/trso/

石巻工房 (いしのまきこうぼう)
2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれた家具ブランド。建築家の芦沢啓治を中心にデザイナーら有志が集まり、復興・復旧のために自由に使える〈地域のものづくりの場〉として石巻工房を設立。翌年、石巻のまちなかに移転し、工房を拠点に「DIY」「デザイン」「家具」をキーワードとした支援・制作を行う。2012年グッドデザイン賞「BEST100」「復興特別賞」受賞。2015年、こども芸術の村プロジェクトの一環として、東北復興支援機構TRSOとともに「自分でできる」を育む家具作りキット「D.I.Y KIT PROGRAM〈bento〉」を共同で開発。現在、「株式会社 石巻工房」として法人化し、芦沢と工房長の千葉隆博を中心に石巻市渡波で家具制作・販売のほか、ワークショップを通じて、ものづくりの魅力を発信し続けている。
http://ishinomaki-lab.org

次へ

アーカイブ

page top