イベント情報

タグ:石巻一箱古本市

第11回 石巻一箱古本市 イベント詳細

日時:2022年10月15日(土) 11:00-16:00

場所:石巻中央商店街各所

一箱古本市出店スポット(当日各スポットと石巻まちの本棚で、出店者の情報を掲載したマップを配布します)
○旧観慶丸商店○IRORI 石巻○デュオヒルズ石巻マークス前○パナックけいてい○石巻商工信用組合○観慶丸本店 ○カンケイマルラボ○シアターキネマティカ○comi かめ○BAR 山小屋

ーーーー関連イベント紹介ーーーーー
《一箱古本市各会場》
☆あがた森魚 流しの弾き語り
10/15(土) 11:30-15:30 の随時
あがた森魚さんが、弾き語りをしながら一箱古本市の会場を神出鬼没で巡ります!

あがた森魚 プロフィール
1948 年北海道生まれ、74 歳。1965 年にボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」と出会い、歌手を目指す。 1972 年 4 月 25 日「赤色エレジー」でベルウッドレコードからデビュー。一躍時代の寵児となる。当時のバックバンドは鈴木慶一(現 ムーンライダーズ)らの「蜂蜜パイ(はちみつぱい)」。20 世紀の大衆文化を彷彿とさせるノスタルジックで叙情的な独自の世界 観を表現した音楽・映像作品は、長年多くのファンを魅了している。映画監督、俳優、文筆家としても活躍。

《石巻まちの本棚》 中央 2-3-16 たん書房ビル1階
☆武藤良子個展「百椿図」巡回展 現在開催中~10/17(月)まで 11:00~18:00・土日月開館
☆あがた森魚さんの一箱 10/15(土) 11:00-18:00
9/22 発売・あがた森魚自伝『愛は愛とて何になる』(小学館)+ あがた森魚関連刊行物、CD 等を販売。

《setsu》 中央 2-3-16 たん書房ビル 2 階
☆「この街のアートな人」 10/15(土) 11:00-18:00 石巻には特に若い世代を中心にアーティストやアートに詳しい人が多い、そしてどんどん増えてきていると感じていま す。それぞれがいろんな知識を持っていて、いろんな活動をしているというのは素晴らしいことだし、もっと街の内外 に向けてアピールしていくべきことかもしれません。ということで今年の一箱古本市では setsu という一室を一箱に見 立てて、そんな彼・彼女たちが影響を受けてきたアートブックを展示販売します。

《シアターキネマティカ》 中央 1-3-12(カフェ営業有) ☆毎年恒例「つれづれ団」によるワークショップ 10/15(土) 11:00-16:00

《ラ・ストラーダ》 立町 2-5-2 2階
☆『僕は天使ぢゃないよ』映画上映会 + あがた森魚ライブ
10/15(土)開場 18:30 開演 19:00 定員 20 名
入場料 予約 2,500 円 当日 3,000 円(ドリンク販売あり)
☆音楽映画を上映するラ・ストラーダの映画室「おはよう座(ンパノ)」第 26 回 『僕は天使ぢゃないよ』映画上映会
10/16(日) 1開場 13:45 開演 14:00 2開場 18:45 開演 19:00 映画鑑賞料 1,000 円(ドリンク販売あり)
※予約・問い合わせ : ラ・ストラーダ 0225-94-9002 / info@la-strada.jp

《カンケイマルラボ》 中央 2-3-14 (カフェ営業有)
☆亀山英児 陶展
10/14 日(金)~10/23 日(日)10:00~18:00 火休

《comi かめ》中央 2-9-11
10/15(土)のほか 10 月末まで不定期オープン。かめ七呉服店店主の 1970 年代からの貴重な雑誌コレクションを、自由にご覧いただけます。

【第11回石巻一箱古本市2022】開催日のお知らせ

日時:2022年10月15日(土)

場所:石巻中央商店街各所

今年も開催します、石巻一箱古本市!
今年は10月15日(土)に開催日を決定しました。
我こそはという本好き店主さんたちが集まり、各自が段ボール箱ひとつ分の古本を販売します。まちなかで本と出会う一日をのんびりお楽しみください。
店主募集などの詳細は決まり次第、おってこのホームページでお知らせいたします。

【第11回石巻一箱古本市2022】
日程:2022年10月15日(土)
場所:石巻市中心市街地 
   石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央二丁目3-16たん書房ビル1階)ほか、まちなかエリア数カ所

昨年の開催の様子はこちらから

各賞発表!石巻一箱古本市2021

日時:2021年10月2日(土)

場所:石巻中央商店街各所

2021年10月2日(土)に開催された石巻一箱古本市2021。
一箱出店者さんに授与される各賞を発表します!

【石井ゆかり賞】売上冊数No.1
1位 こどもの本ポプラ社 71冊(出店場所:商工信用組合軒下)
2位 くものす洞 49冊(出店場所:Chez Setta)
3位 一箱堂 47冊 (出店場所:サルコヤ脇駐車場)
*1位こどもの本ポプラ社が賞授与は辞退のため、2位くものす洞が受賞。

今年で10回目の出店を果たし皆勤賞のくものす洞さんが受賞。
賞品:石井ゆかりさんが選んでくれた便箋

【石巻まちの本棚賞】
九月社(出店場所:キムラふとん店前)

スタッフでとても悩みましたが、今回は全体的に好評だった「キムラふとん店」会場から決めました。
その中で、本を内容別にディスプレイしたり、お客さんへの本の紹介が上手く印象的な九月社さんへ贈ります。おめでとうございます!
賞品:石巻まちの本棚オリジナルトートバック、石巻一箱古本市2022無料出店権

【一箱本送り隊賞】
あかしや(出店場所:アイマークス1階)

一箱の中にサブカルの(いい意味での)混沌が詰まっていた。それでいて、あまり詳しくない人でも手を伸ばしやすいラインナップが揃う。ひと言でいえば「親しげ」な一箱。出前のオカモチをディスプレイに使っているのもアイデアで、お話を聞けばストーリーもあるのもいい。
商品の「集金ポーチ」を活用してもらえそうと思ったのも選考の理由です。
(一箱本送り隊隊長:丹治史彦)
賞品:松野屋さんの集金ポーチ

【ISHINOMAKI2.0賞】
らんたん文庫(出店場所:IRORI石巻)

本のセレクトに一貫した志向が現れ、誰もがキュレーターになりうることを示されたあかしやさんを受賞対象として伝えたところ、事務局勝氏に「それは一箱本送り隊賞です」と一蹴されました。ISHINOMAKI2.0賞は「らんたん文庫」さんにお贈りいたします。旅にまつわる本のPOPが掲示されてましたがそれほど一貫しているわけでは無く、推理小説からスポーツドキュメントまでいろいろ入り込んでいる緩さに親近感を感じました。何が入っているか運しだいの闇マンガという企画も、ソシャゲのガチャがどこまでもむしり取ろうと社会問題化する中で、入っている中身や既に持って行かれたものを明記するやさしさにも親近感です。
(ISHINOMAKI2.0代表理事:松村豪太)
賞品:OCICAイヤリング、クマガイサイクルてぬぐい

それぞれ賞品の発送をもって受賞の通知とさせていただきます。
お楽しみに。

当日のレポートはコチラ

アーカイブ

page top