イベント情報

カテゴリー:イベント開催概要

『第6回石巻一箱古本市2017』 開催決定!

日時:2017年7月22日(土)

場所:石巻市中央商店街各所

毎年盛り上がりを増す「石巻一箱古本市」
今年は伝統の川開き祭りの1週間前、STAND UP WEEK期間中の7月22日に開催します!

石巻のみならず全国各地から個性的な本屋さんが集まる「石巻一箱古本市」は、東北で最も熱い一箱古本市のひとつです。
店主として出店することも、石巻のまちなかを本をめぐり歩きに来ることも楽しい1日。

また
同日は石巻のまちなかや牡鹿半島を中心に51日間開催される総合祭『Reborn-Art Festival2017』の初日でもあります。
本とアートをめぐりながらまちなかを探検し、翌日牡鹿半島などをめぐり歩くなんてこともできます。
夏のはじまりに皆様にお会いできることを楽しみにしています。

【第6回石巻一箱古本市2017】
日程:2017年7月22日(土)
時間:11:00~16:00
会場:石巻市中央商店街各所
主催:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2-3-16たん書房ビル1階)

<一箱店主募集します!>
誰でも一箱の本を持ち寄ることで「1日だけの本屋」さんになれます。ぜひご応募ください。
募集受付開始日:2017年6月4日22:00-

【出店料】
2000円(当日お支払い頂きます)

一箱店主申し込み方法は以下の2通りです。

【申し込み方法】
1.メール申し込み
bookishinomaki@gmail.com に、下記の項目を記入して送信してください。
・件名:一箱古本市店主申し込み
・氏名、フリガナ(複数参加の場合は、代表者のみで結構です)
・電話番号
・住所
・メールアドレス(店主マニュアルをお送りしますので添付ファイルが受信できるアドレスにしてください)
・古本市での店名、フリガナ(屋号)
・お店の品揃えや特徴など、PR(200字以内)
・店主マニュアルの送付方法(メール または 郵送)
・自分のサイト・ブログ・Twitterなど (お持ちの方のみ、掲載できるのは1つだけです)

2.直接申し込み〈石巻 まちの本棚〉にお越しいただき申し込み用紙に記入。

第5回 いしのまき本の教室 『地域雑誌にしかできないこと』

日時:2017年3月19日(日)18:30開場/19:00開始(21:00終了予定)

場所:石巻まちの本棚 

〈石巻まちの本棚〉では、本にかかわる活動や仕事につながる講座を行なっています。5回目のいしのまき本の教室のテーマは「地域雑誌」です。新潟市で発行されている『LIFE-mag.』は、県内の地域を1号ごとに特集し、そこに関わる人たちの話を聞く雑誌として、全国的に注目されています。取材から編集、営業まで独力でこの雑誌をつくってきた小林弘樹さんに、地域雑誌にしかできないことを話していただきます。後半では、参加者がつくってみたい地域雑誌のプランを出し、どうすれば実現するかを話し合います。参加される方は、「自分の理想の雑誌」を1冊お持ちください。

第5回 いしのまき本の教室 
『地域雑誌にしかできないこと』

講師 小林弘樹(『LIFE-mag.』)
日時 2017年3月19日(日) 
18:30開場/19:00開始(21:00終了予定)
参加費 1500円


こばやし・ひろき
1983年生まれ。新潟市出身、在住。2008年に『Life-mag.』を創刊。同誌発行のほか、ライター、カメラマンとしても活動している。http://life-mag.com/

【お問い合わせ・お申込み方法】
予約は下記メールアドレスに ①件名「3/19本の教室」、②お名前、③人数、④連絡先(電話、メールアドレス)をお知らせください。
メールアドレス:bookishinomaki@gmail.com
お電話でのお問合せは、tel. 0225-25-4953 ( ISHINOMAKI2.0 )へ。

東北芸術工科大学+石巻工房 「DIY picnic ーバードハウスをつくろう」

日時:2016年12月10日(土)、11日(日) 11:00→18:00

場所:石巻まちの本棚(宮城県石巻市中央2丁目3-16)

15134330_1189778984432320_751332226_n
15086194_1189778264432392_1130451027_n「撮影:志鎌康平(ROKU)」

石巻工房と東北芸術工科大学は、2015年よりFondation Enfants du Japon(スイス)の助成を受け、東北の未来をつくる子供たちのためのDIYデザイン教材を共同開発しています。
本企画では、本学と石巻工房が「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」で発表した屋外用DIYユニットを、アイトピア通りに移設し、2日限定で、バードハウスをつくる木工体験教室をひらきます。
クリスマスシーズン、子供たちに「ものづくりの楽しさ」のプレゼントはいかがでしょうか。親子での参加も大歓迎です。ご来場お待ちしてます。

実施日:2016年12月10日[土]、11日[日]
実施時間:11:00→18:00(随時受付)
参加費:1,000円(保険料も含みます。その場で組み立てず、キットのみのご購入も可能です)

所要時間:年齢によりますが、30分~1時間程度でつくれます。学生スタッフがサポートします。年齢制限は設けておりませんので、大人の方もぜひご参加ください。混雑時はお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
助成:財団「日本の子供たち」(Fondation Enfants du Japon)、国際ソロプチミスト山形/企画協力:ISHINOMAKI2.0、福興会議/お問い合わせ:東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
TEL:023-627-2218 MAIL:y-gakusha@aga.tuad.ac.jp

東北復興支援機構 TRSO
(Tohoku Revival Services Organization)

東北芸術工科大学(山形市)が2011年5月に設立した復興プロジェクトセンター。アーティストやデザイナーによる復興プロジェクトをマネジメントするとともに、学生や市民によるボランティア活動や、企業やNGOと連携したアートやデザインによる教育支援をおこない、東日本大震災後の〈新しい社会、新しい東北〉を創造するプロジェクトを推進しています。石巻工房との共同企画として、「ビバーク・フォー・トーホク~復興の野営」(六本木アートナイト2012)、「bento」(FOR座REST2015)、「DIY picnic」(山形ビエンナーレ2016)がある。
http://blog.tuad.ac.jp/trso/

石巻工房 (いしのまきこうぼう)
2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれた家具ブランド。建築家の芦沢啓治を中心にデザイナーら有志が集まり、復興・復旧のために自由に使える〈地域のものづくりの場〉として石巻工房を設立。翌年、石巻のまちなかに移転し、工房を拠点に「DIY」「デザイン」「家具」をキーワードとした支援・制作を行う。2012年グッドデザイン賞「BEST100」「復興特別賞」受賞。2015年、こども芸術の村プロジェクトの一環として、東北復興支援機構TRSOとともに「自分でできる」を育む家具作りキット「D.I.Y KIT PROGRAM〈bento〉」を共同で開発。現在、「株式会社 石巻工房」として法人化し、芦沢と工房長の千葉隆博を中心に石巻市渡波で家具制作・販売のほか、ワークショップを通じて、ものづくりの魅力を発信し続けている。
http://ishinomaki-lab.org

英語のPoemで絵本を作ろう‼[第9回石巻に恋しちゃったプログラム]

日時:2016年11月27日13:30-15:30

場所:石巻まちの本棚

15109471_1228313873927899_7151783160284761442_n

今回で第9回目を石巻に恋しちゃった。石巻の達人たちが素敵な体験型プログラム。まちの本棚ではオリジナルの絵本づくりが体験できます。

以下引用文
英語の絵本が読めたらステキだけど、アルファベットを見ても意味わかんな~いと言っているあなた!自分で絵本を作れば読めるんです‼いっしょに英語のPoemを題材にした絵本を作りませんか?絵が苦手でも大丈夫♡アメリカでも話題の塗り絵で作っちゃいます♡今年のクリスマスは、お子さんやお孫さんに英語のプレゼントができますよ♪

ご予約はこちらから

英語のPoemで絵本を作ろう‼
日時:2016年11月27日(日)
開催時間:13:30-15:30
会場:石巻まちの本棚
参加料金:¥1,800
定員:6名
主催:依田 晴美(よだ はるみ)
ラボ・テューターとして子どもたちの英語劇活動や国際交流のお手伝をしています。

「モケモヶコタツビヨリ」 スサイタカコ×吉田麻子 ワークショップ

日時:2016年11月19日(土)、20日(日) 両日13時~18時

場所:石巻まちの本棚

石巻ではおなじみの作家スサイタカコさんと吉田麻子さんのワークショップが石巻まちの本棚で開催されます!
糸紡ぎ体験やニンギョウづくりワークショップです。
本にまつわる企画も乞うご期待。
こたつを囲みながら、ほっこり 手作りの時間を楽しく過ごしましょう!

スクリーンショット 2016-11-08 8.51.59 PM

ワークショップ その1
「小さな本と本の虫ニンギョウをつくろう!」

本の虫ってどんな虫? スサイタカコさんといっしょに ヘンテコニンギョウをつくります

ワークショップ その2
「スピンドルで糸つむぎを体験しよう! 」

吉田麻子さんに教わりながら、くるくる回る不思議な道具、 スピンドルで毛糸をつくります。

「モケモヶコタツビヨリ」
スサイタカコ×吉田麻子 ワークショップ
羊毛手つむぎ糸&ちいさな本と虫のニンギョウをつくろう!

参加費無料 お気軽にお立ち寄りください。
お問い合わせ先 TohokuCraft info.tohokucraft@gmail.com
tel. 090-4429-9340(西山)
企画:TohokuCraft 協力:ISHINOMAKI2.0

前へ 次へ

アーカイブ

page top