まちの本棚だより

猫九

2015.10.27 【ブックレビュー】エフスタイルの仕事 text by 猫九

「エフスタイルの仕事 」
五十嵐恵美+星野若菜 /著者
アノニマスタジオ/出版社
価格:2,376円(税込み)
石巻まちの本棚で好評販売中!

「エフスタイルの仕事」を読んで

最初この本を手に取ったとき、地に足がついたような重みのある内容に背筋が伸びる思いがしました。
「エフスタイル」の不思議なはじまりや仕事の取組みかた、それぞれの製品と作っている作り手のことがとても丁寧に書かれています。
ものづくりの始まりから最後まで、自分たちがどう関わっていくのかその都度向き合い努力し、作り手とひとつの製品を作り上げる。それをどのようにお客さんの手に届けるのか。誠実が誠実を呼び生み出された、力を持った製品から、別の出会いやつながりが生まれ広がっていく、そのエネルギーが胸に響きます。ひとつひとつの章それぞれが、真剣さはありつつも製品が出来上がっていくワクワク感がにじみでていてドキドキしながら読み進めました。

縫製の仕事をしてきた自分にとっては、大量生産、大量消費、大量廃棄の時代にあって、エフスタイルのお二人が出会った作り手たちが生き残ってきた理由、どう向き合って、何を選択してきたのか、そんなことも考えさせられる本でした。
今後、折にふれて手にとりたい本の一冊になりました。

前へ 次へ

アーカイブ

タグ

page top